ピルの服用と鬱と経過について

月経困難症という病気があります。

これは、女性特有の病気であり、生理痛にとてもかかわる病気の1つです。

月経困難症は、生理がとても軽い、毎月とても簡単に生理が終わる!という方がおられる一方で、とても重症で、朝、起き上がることや生理痛のための痛み止めを飲んでも、吐き気などが止まらない、起き上がることが出来ない、というくらい重症な方がおられるもので、この生理痛の酷い方が、産婦人科の先生や婦人科の先生に診断されて、判明するのが、月経困難症です。

この上記の月経困難症を克服、改善するために、ピルが使用されることがあります。

ピルは、お医者さんの処方を十分に受けて、また、診察や他の医療機関での病気などを考慮され、ようやく出されるものですが、これはなぜかというと、ピルを飲むことで、体に良い異変と悪い異変、個人差が出てしまうことがあるからです。

ピルの服用で、良い状態で、改善をされていく人がおり、月経困難症が治る方が多くおられる一方で、ピルを服用してから、様子がおかしい、鬱の状態になってしまった、そのような人もいます。

ピルの服用をはじめてから、急に今まで何でもなかった心の状態が、不安であったり、恐怖感を感じる鬱状態などになることがあり、これらの鬱状態が出始めたら、すぐにお医者さんに連絡を行い、経過をみてもらう必要があります。

また、飲み方などに問題がなかったか、きちんと処方された通りの服用などをしたか、などの確認をされた後、ピルをこのまま続けるか、それとも経過を見ながら飲み続けるかの選択となります。

ピルを飲んで、調子が良い方の場合には、飲んでいても経過がよいことが多く、そのまま困難症が治るケースが多いものです。