ピルの副作用で血栓症と血栓溶解性のある薬剤

経口避妊薬のことであるピルは、基本的に毎日1錠ずつを計画的に服用することによって、そのなかに含まれている黄体ホルモンと卵胞ホルモンのはたらきによって、排卵が抑制されるなどして、妊娠をしないような効果をもたらすことが期待されます。
ピルによる避妊という方法は、他の方法にくらべると、女性自身が主体となって取り組むことができ、男性の意向に左右されないというメリットがあるほか、服用し忘れるなどのアクシデントがなければ、効果そのものもほぼ100パーセントに近い確実性をもっているということができます。
ピルにはいくつかの副作用があり、吐き気や頭痛、下腹部痛などは、ピルの服用で体内のホルモンの量が変動する初期の段階でみられがちなもので、服用していくなかで、だんだんとそうした症状はめだたなくなります。
しかし、ピルの服用は、同時に血栓症のリスクを高めるということがいわれており、こちらは場合によっては深刻な事態をもたらす可能性があります。
血栓症というのは、血液がかたまりとなって血管をふさいでしまうという症状のことをいい、あまりにも大きな血栓ができてしまうと、その先の組織に血液が届かなくなってしまうため、最悪では壊死してしまう可能性もあります。
特に、毎日タバコをかなりの本数にわたって吸う習慣のある女性は、血栓症になりやすいとされていますので、場合によってはピルの服用ができないこともあります。
血栓症になった場合には、血栓に対する溶解性のある薬剤の投与を受けるのが一般的ですが、こうした血栓溶解性がある薬剤としては、いくかの種類があります。
しかし、同じ血栓溶解性があるからといっても、効果がありすぎると逆に出血が止まらないなどの弊害が起きてしまうことから、個人によって投与量を微妙に調節したりする必要もあり、きわめて専門的な内容となってきます。