ピルと日付とおすすめについて

ピルが医療機関、主に産婦人科の先生や、婦人科の先生のおられる医療機関で出されることがあります。

なぜピルが処方されるのか?というと、ピルには、月経困難症という、女性が辛い、とても大変な困難症を治してくれる効果があるとされているからです。

月経困難症とは、女性同士でも、違いが格段にあり、ただ、毎月、まったく痛くない状態で生理がくる女性の方もおられれば、とても同じ女性とは思えないほど、酷い生理痛がある方がおられます。

たとえば、生理当日の朝は、腰やお腹、子宮のあたりの痛みで起き上がることさえ出来ない、酷い吐き気などがする、何も食べることが出来ないほど胃痛が酷い、このような症状を月経困難症と言います。

日付で換算すると、おおよそ1週間から2週間前から、このような症状にさいなまれている女性もおられ、また酷い鬱状態や、イライラ、逆に酷い落ち込みなどがあります。

そのため、これらの症状を治すために、おすすめがされるのが、ピルです。

ピルは、個人差があるため、その人の体に合う、合わないというケースもありますが、治る人もおられるため、産婦人科や、婦人科の先生に、上記のことをお話し、説明など、または問診などを行った結果、ピルが処方され、おすすめされることがあります。

その際には、ピルは管理がとても重要なものであるため、日付などを管理する手帳のようなものを手渡してもらえることがあります。

または、日付などをしっかりと管理できる薬ケースなどを購入するように、指示されることもあります。

おすすめのものは、きちんと日付が管理でき、飲み忘れなど、または何度も飲まないように管理が徹底できるものであり、病院によっては、配布などをおこなってくれることもあります。