ピルで生理周期が調整できる

ピルは避妊効果があるだけではなく生理周期の調整を行うことができるため、生理の周期が定まらない人や、イベントや旅行などに生理のタイミングが重なってしまうことを避けたい人にも利用されています。
ピルの中には女性ホルモンが配合されています。女性は約28日周期でエストロゲンとプロゲストロンという2種類の女性ホルモンの分泌量が変化しながら、妊娠に備えたり、妊娠しなかった場合には生理を起こし、さらに次の妊娠に備えるというサイクルを繰り返しています。ピルはこの女性ホルモンの分泌量の変化を、人工的に調整する薬になります。ピルに含まれている女性ホルモンは脳下垂体に作用して排卵を起こらなくしたり、生理の経血となる子宮内膜が厚くなるのを防ぎます。そして21日間ピルを服用した後に7日間の休薬期間に入ります。この間は偽薬を服用したり、何も飲まずに過ごすのですが、この期間に身体は「今回は妊娠しなかったから、子宮内膜を剥がしてしまおう」と判断して、生理が起こります。これを繰り返すことにより、避妊効果と生理周期の安定化ができるのです。
イベントや旅行などで生理のタイミングをずらしたい場合も原理は同じです。ただ、ピルを服用するタイミングと日にちが変わってきます。生理が始まった日から服用を始め、1~2週間で服用をやめると数日後に生理がきます。この方法ならば、28日周期よりも早めに生理が終わります。生理を遅らせたい場合には、生理の予定日の5~1週間ほど前からピルを服用し始め、イベントや旅行が終わるまで服用し続けます。服用をやめると生理が来るため、大事なイベントや旅行を十分に楽しむことができるようになるのです。生理の日にちをずらすときにはなるべく早めに病院で相談を行うようにしましょう。

ピルと生理周期改善の仕組み

ピルと聞くと、避妊をするための薬というイメージが強いかもしれませんが、特に低用量のピルは、避妊効果だけではなく、他にもメリットがあります。代表的なものとしては、生理周期が改善されるといわれています。
なぜ、生理周期が改善されるのかというと、ピルの服用によってホルモンバランスが整い、消退出血が規則的に起こるようになるからだると考えられます。この生理周期の改善によって、生理の予定を立てやすくなったりといったメリットが出てくるということがいえます。
また、生理前のあらゆる症状も改善される可能性があるといわれています。例えば、生理前にイライラしてしまったり、生理痛で悩んでいる人も多いですが、こういった生理前のトラブルも解消してくれる可能性があります。
単純に生理痛を服用しているだけの人は、ピルの服用も選択肢の一つとして考えられます。他にも、低用量のピルを服用することによって、子宮内膜が薄くなるということもいわれています。このことにより、どういった作用を及ぼすのかというと、生理による出血を抑えることができるということにもつながっていきます。
中には、子宮筋腫といった病気を持っている人もいるかもしれませんが、そういった人が低用量のピルを服用することで、症状の改善効果を得ることができたという報告もあります。また、貧血の改善もあると考えられていて、これは生理による出血量が減ったからであると考えられます。
このように、ピルの服用により、生理周期が改善し、様々なよい影響を与える可能性があるということが考えられますが、もしピルを避妊以外の目的で服用するのであれば、医師の指導の元服用することが大事になってきます。

生理周期改善のピルの服用方法

生理周期改善にはピルが有効とされ、病院で処方してもらうことができます。生理不順は卵巣で卵胞が育たずに排卵できない無排卵状態の人がなりやすいです。卵胞の育ちが悪くなるとホルモンバランスに影響し生理不順を引き起こしやすくなります。
ピルには、女性ホルモンが含まれているため、生理周期のコントロールが可能となります。代表的な避妊効果だけでなく、生理痛の緩和や出血量の減少、卵巣がんや子宮体がんのリスク減少などのメリットがあります。他にも、月経前症候群の改善や肌荒れ改善などのメリットがあります。
ピルは1日1錠を毎日同じ時間に飲むことで、効果が発揮できます。ピルを正しく飲むことで正しい28日周期の生理となります。その結果、旅行やイベントの予定も立てやすくなります。生理を伸ばすこともできます。実薬を飲み続けることで先送りすることも可能です。
ただし、服用はじめの最初の3ヶ月は出血や吐き気、頭痛などのマイナートラブルがでることもあります。ピルには、エストロゲンや黄体ホルモンといった女性ホルモンが含まれているため、出血や頭痛などの生理の時のような変化があらわれることがあります。女性ホルモンにより身体のホルモンバランスが変化しているためあらわれる症状のため、通常であれば3ヶ月程度で治まりますが、3ヶ月たっても症状が治まらない場合には、医師に相談する必要があります。
ピルは、身体のホルモンバランスを変化させることで、様々なメリットを受けることができます。しかし、人によっては、子宮頸がんや乳がんの発症リスク、血栓症などの重篤なリスクがあるため、自己判断で服用することはとてもリスクが高いです。医師から十分な説明を受けてから正しく使うようにします。
■病院に行かずにピルを購入したい人はこちらをチェック
低用量ピル 通販
■ピルで生理の痛みを緩和
マーベロンは生理痛も軽減します